Switch news

任天堂の元社員から個人的に買ったゲームは、発売されなかったレスリングゲームだった!

任天堂の元社員から個人的に買ったゲームは、発売されなかったレスリングゲームだった!
YouTube/The Video Game History Foundation

米国カリフォルニア州のゲームコレクターが、非常に珍しいゲームカートリッジを入手し、ゲームファンや海外メディアの間で話題になっている。

 

それは任天堂が欧米向けに発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドーエンターテインメントシステム(通称NES)」のゲームカートリッジで、開発後に発売されず、お蔵入りになったもの。この世に残っているたった1つのカートリッジである可能性が高い。

 

元任天堂の社員から個人的に買ったもの

 

入手したStephan Reesさんは、過去に発売された「ニンテンドーエンターテインメントシステム」用のゲームを全て所有しているゲームコレクター。このゲーム機はファミコンをベースとした家庭用ゲーム機で、ゲームソフトが入ったカートリッジを差し替えて使うようになっている。

 

Stephanさんは最近、元任天堂の社員から「UWC」というタイトルのゲームカートリッジを買ったという。そのレスリングゲームが、後になって非常に珍しいものであると分かった。Stephanさんは海外メディアにこう話している。

 

郵便で送られて来たカートリッジを差し込んでプレイし始めた途端、それが初めて見るものであると分かりました。

僕は北アメリカの任天堂がリリースしたゲームを、全て持っているんです。だから、買ったゲームが僕のコレクションに無いことは確実でした。

それは、他のものとは全く違ったゲームでした。ベースになっているコードも違えば、開発者も違いました。何から何まで他のゲームとは違っていたのです。

 

発売されなかったプロトタイプ

 

そのカートリッジは発売されることなくお蔵入りになったプロトタイプで、Stephenさんより前に誰かがプレイした形跡はなかったそう。

 

ゲームの中には、リック・フレアーをはじめとした1980年代の人気プロレスラーたちがキャラクターとして登場する。

 

ゲームが発売中止になることは珍しくなく、その場合、コレクターたちの間に未発売品についての情報が広まっているものだが、Stephenさんが入手したゲームは、これまでコレクターたちの噂にものぼっていなかったそうだ。

 

おそらく世界にこれ1つ

 

往年のコンピューターゲームを歴史資料として保存している米国ビデオゲーム歴史財団に、海外メディアが取材している。担当者によれば、同財団も「UWC」というゲームについては耳にしたことさえなかったそう。財団はこうツイートしている

 

このカートリッジはおそらく、全世界に存在する唯一のもの。そう言っても言い過ぎではありません。こういったものが発見されたとき、それを保存しておくのは非常に重要なことです。

 

このゲームがお蔵入りになった理由や、プロトタイプの1つのカートリッジだけがどうやって破棄を免れたかについては明らかになっていない。(了)

 

 

出典元:UPI:Collector finds one-of-a-kind, unreleased Nintendo game(3/15)

出典元:abc7:Simi Valley man discovers never-released Nintendo game(3/15)

Return Top