Switch news




NYのハーフマラソンで、目の不自由なランナーが初めてガイドドッグとともに走り完走

NYのハーフマラソンで、目の不自由なランナーが初めてガイドドッグとともに走り完走
Instagram/nyrr

先日、ニューヨークで行われたハーフマラソンで、目の不自由な男性ランナーが初めてガイドドッグに導かれ、完走を果たした。

 

3匹のガイドドッグが交代で、21kmを完走

 

そのランナーとは、非営利団体「Guiding Eyes for the Blind」のCEOであるThomas Panekさん。目の不自由な彼は3月17日に、ニューヨーク市で行われた「 United Airlines Half Marathon」に参加。

 

3匹のガイドドッグに交代で導かれ、13.1マイル(約21km)を2時間20分ほどで走破したという。(1匹が約4.8kmから約8km走った)

 

通常なら人間のガイドがランナーに付き添うが、このようにガイドドッグによって完走するのは、ニューヨークで行われるマラソンイベントでは初めてのこととされている。

 

目の不自由なアスリートらへの寄付を募るため

 

今回、Panekさんと一緒に走った3匹のガイドドッグは、「Waffle」と「Westley」「Gus」。

 

いずれもラブラドール・レトリバーで、皆非常によく訓練された犬だという。Panekさんは地元局のWABCの取材に対し、次のように語っている。

 

「それは長いレースです。しかし犬たちは走る動物です。そして彼らは動くことや、走ることが大好きなのです。多くの場合、散歩をする時、私たちは犬を抑え続けます。彼らは外へ出たがり、楽しみたいのです」

 

Panekさんが今回このように走ることにしたのは、目の不自由なアスリートたちが、一緒に走れて導いてくれるガイドドッグを手に入れることができるよう、寄付を募るためだったそうだ。

 

そして今回一緒に走ったガイドドッグは縁石や他のランナー、路面の窪みなども察知してナビゲートし、Panekさんを助けてくれたという。

 

ただ最も大きな困難は、より速いペースで走り続けること、そして犬と一緒に移動し、共にフットワークを一歩ずつ維持することだと述べている。(了)

 

※下は練習風景。

 

 

出典元:GMA:Blind man finishes New York City half marathon with the help of guide dogs(3/17)

出典元:CBS:Blind runner makes history by finishing NYC Half Marathon with help of guide dogs(3/18)

Return Top