Switch news

ナイアガラの滝から男性が落下、大きなケガを負わず奇跡的に助かる

ナイアガラの滝から男性が落下、大きなケガを負わず奇跡的に助かる
flickr_Rosalba Tarazona

男性がナイアガラの滝から落下するも、奇跡的に助かったとして、複数の海外メディアが伝えている。

 

男性は命に関わるケガもせず

 

ナイアガラパーク警察によれば、男性は7月9日午前4時頃に、Horseshoe Falls(カナダ滝)を登っていたという。

 

この滝はナイアガラを構成する3つのうち最も大きなものだったが、その後男性は57mの高さから落下したそうだ。

 

通報を受けた警察は、滝の下を捜索。しかしその後、男性は下流にあるジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズの展望台付近の岩に座っているところを発見された。

 

救助された当時、男性の体には命に関わるケガは見当たらなかったが、その後病院へ搬送されたという。

 

助かった理由は水量の多さか?

 

しかしなぜ、男性は巨大な滝から落下しても、大きなケガを負わなかったのだろうか。

 

その原因の1つが水量の多さだ。

 

ナイアガラフォールズ市のJim Diodati市長は「常に水位が高い状態だったことが、男性の命を救ったと信じています」とコメント。さらに次のように述べている

 

「エリー湖の水位がいつより高く、激しくオンタリオ湖に流れている時、Horseshoe Fallsの下にある大きな丸石を通り過ぎるチャンスがより多くなります。このような落下で唯一生き残れる方法は、下にある大きな岩を通り越すことです」。

 

flickr_col_adamson

 

これまでにもナイアガラの滝には人が入り込み、落下する事故は起きているという。そして多くの人が亡くなっており、助かった人は一握りだと言われている。

 

そして毎年、およそ25名が滝に飛び込み、自殺をしているそうだ。(了)

 

 

 

出典元:BBC:Man survives plunge over Niagara Falls waterfall(7/10)

出典元:NYPost:Man miraculously survives plunge over Niagara Falls(7/9)

Return Top