Switch news

妻の信用を取り戻すため…男性が胸に入れた珍しすぎるタトゥーが話題に

妻の信用を取り戻すため…男性が胸に入れた珍しすぎるタトゥーが話題に
Instagram/sickcat_13

アメリカ人男性が妻の信用を取り戻すため、体に珍しいタトゥーを入れ、注目を集めている。

 

新年早々にタトゥーを入れる

 

その男性とはテキサス州のヒューストンに住んでいると思われる、Jose L. Torresさん。

 

彼は1月2日に、自分の胸からお腹にかけてタトゥーを入れたという。

 

その後、写真をタトゥー・アーティストの「Tattoos By Jorge(sickcat_13)」さんがインスタグラムに投稿。

 

するとたちまち話題となり、インスタグラムはもちろん、Redditやツイッターでも拡散されたそうだ。その写真が下になる。

 

自らを反省する言葉を刻む

 

Torresさんは、自分の体に次のような言葉のタトゥーを入れている。

 

「私、Jose L. Torresは結婚生活で自分が引き起こした苦しみや痛みから、妻の信用を取り戻すため、2019年1月2日にこのタトゥーを自主的に入れました」

 

さらに彼は反省を込めて、自分自身がどんな人間かも体に刻んだ。

 

「自分は嘘つきで、浮気者で、人を巧みに操り、欺き、売春婦が大好きで、不正直で、罰当たりな男です」

 

「この方法はいかがなものか…」

 

しかしこの投稿に対しネットではまず、せっかくのタトゥーにスペルミスがあることが指摘された。

 

実際「disrespectful」は「disrespectul」となっており、「f」が抜けている。

 

しかも、奥さんの信用を取り戻す方法として、タトゥーを選んだのはどうか、という懐疑的な意見も寄せられたという。

 

またある人物は「もし彼が離婚し、再び独身になったら、ひどく惨めになる」とコメント。

 

さらに「あなたの2番目の奥さんになる人は、これが気に入るだろうね」や「この男性が次に騙す女性が、このタトゥーを見た時になんというか、想像してみて」といった意見も届けられた。

 

さまざまな意見があるようだが、果たして男性の奥さんはこのタトゥーを見て離婚を踏みとどまったのか、結果が知りたいところだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:‘Start saving for laser removal AND a divorce!’ Internet mocks cheating husband after he got a poorly-spelled chest tattoo that brands him a ‘liar’ and a ‘prostitute lover’ to try and ‘earn his wife’s trust back’(1/4)

Return Top