Switch news

日本人の男らが強盗殺人を犯したカンボジア。被害者の葬儀で起きた日本への称賛

日本人の男らが強盗殺人を犯したカンボジア。被害者の葬儀で起きた日本への称賛
Facebook/ប្រន សំ បូរ

親日国として知られるカンボジアで、日本人の男2人が地元のタクシー運転手を殺害する事件が起こった。男らは3月17日に逮捕されており、金目当ての犯行であったことが分かっている。

 

日本人2人組が実に身勝手な犯行を起こした後も、カンボジアは日本をやみくもに憎むわけではなかった。

 

被害者の葬儀に訪れた日本人たち

 

40歳のタクシー運転手、フム・チャンさんが、ともに23歳の石田礼門容疑者と中茎竜二容疑者を乗せたのは、アンコールワット遺跡で知られる観光地のシエムレアプ。

 

外国人観光客を乗せるのも珍しくはない土地で、いつもと同じように仕事をしていたチャンさんは、中茎容疑者にナイフで首を刺されて殺害された。

 

チャンさんの葬儀は3月23日、朝8時からシエムレアプ州Slor Kramで行われた。

 

彼の葬儀には、多くの日本人が訪れて遺族に謝罪をしたのだという。その中には、地元警察の局長代理とともに訪れた、在カンボジア日本国大使館チームの姿もあった。

 

ប្រន សំ បូរさんの投稿 2019年3月22日金曜日

ប្រន សំ បូរさんの投稿 2019年3月22日金曜日

ប្រន សំ បូរさんの投稿 2019年3月22日金曜日

 

現地メディアは「称賛すべき行動」

 

現地メディアはこのことを、「称賛すべき行動」と報道。日本政府が責任と遺族への敬意を表したと伝えている。

 

また、この出来事を伝えたFacebookの投稿には、300件のコメントが投稿されているが、その多くが「日本への尊敬を断ち切ることはできない」「日本とカンボジアの関係だからできること」「これだから日本が好きだ」「犯人たちは許せないが、日本を憎むことは絶対にない」などの声だ。

 

カンボジアの500リエル紙幣には、日本のODAによって架けられた「つばさ橋」が描かれている。

Cambodia 500 riels 2004 2

カンボジアが寄せてくれる大きな信頼。それにふさわしい国であり続けるためにはどうしたらいいのかを、考えさせられる出来事だ。(了)

 

出典元:Khmerload「គួរឲ្យគោរព! ស្ថានទូតជប៉ុនប្រចាំកម្ពុជា ស្កាត់មកគោរពវិញ្ញាណក្ខន្ធ សពជនរងគ្រោះដល់សៀមរាប!」(3/23)
出典元:FNN PRIME「「抵抗されたのでやってしまった」カンボジアのタクシー運転手強殺事件 容疑者の日本人が明かした犯行計画とは」(3/19)

Return Top