Switch news

World News Odyssey

Pickup

食べるのがもったいない!豪のアーティストが作る3Dゼリーケーキが美しい

食べるのがもったいない!豪のアーティストが作る3Dゼリーケーキが美しい
Instagram/siewheng83

ゼリーアーティストが作る3Dケーキがあまりにも美しいとして、注目を集めている。

 

ステージ3の乳ガンと診断される

 

そのアーティストとは、Siew Boonさん。彼女はオーストラリアのシドニーを拠点に、現在「Jelly Alchemy」と呼ばれる会社を経営しているという。

 

この会社を始めたのは2年前。しかし2017年にBoonさんはステージ3の乳ガンと診断されてしまう。

 

そして治療のために一時ビジネスの中断を余儀なくされたそうだが、ガンによって自分が愛することを邪魔されたくないと決心。

 

体調が良い時には、医者や看護師など医療チームのために、3Dケーキを作ることに専念してきたそうだ。

 

肉体的な痛みからも救ってくれた

 

また彼女によれば、乳ガンとの闘いにおいて、3Dケーキを作ることは肉体的な痛みやネガティブな思考から意識を変えてくれるのに役立ったという。

 

そして前を向いて進むことによって、このゼリーアーティストという職業を見つけることができ、現在も贈り物用として作り続けているそうだ。

 

 

ケーキにある全てのものは逆さまにして作られており、完成するまでには4時間もかかるとか。

 

花は特別な道具を使って注入する方法を用いているため、1つ1つ作るのに創造性や忍耐も必要になってくるという。

 

しかも見た目の美しさもさる事ながら、味も考えられており、ライチやココナッツ、桃、バラなどの風味も楽しめるそうだ。

 

Boonさんは「自分の創造性を示す以外に、この仕事の最も満足できる部分は、他の人々に喜びを届けられることです」と語っている。(了)

 

 

出典元:boredpanda:I Create ‘3D Jelly Cakes’ That You’ll Probably Feel Sorry To Eat (New Pics)

Return Top