Switch news

知っておきたい世界のニュース

新型コロナに再感染して死亡、世界で1人目

新型コロナに再感染して死亡、世界で1人目
写真AC

新型コロナウイルスに再感染した89才のオランダ人女性が死亡したことを、海外の複数メディアが報じている。

 

これまでにも再感染例の報告はあったが、死亡した例はこれが世界で初めてとのこと。

 

悪性リンパ腫の患者だった

 

その女性はもともと悪性リンパ腫の一種である「リンパ形質細胞性リンパ腫」を患っていた。

 

彼女が1度目に新型コロナウイルス感染症と判定されたのは、激しい咳と高熱で救急科に運び込まれた時だった。だが、5日後には、倦怠感は残っていたものの、「症状が完全に消えた」ため退院した。

 

さらに59日後、悪性リンパ腫の薬物治療を開始して2日目の時点で、咳、発熱、息切れといった症状が現れ、検査で再び陽性と判定された。

 

その後症状は改善せず、彼女は2週間後に死亡した。

 

彼女が1度目に陽性となった時のウイルスと、死亡した際のウイルスを研究者が比較したところ、遺伝子構造の異なる別種であることが分かった。このことから、1度目のウイルスが体内に残っていて再発したのでなく、別種の新型コロナウイルスに再感染したに違いないと考えられている。

 

1度感染した後も注意した方がいいい

 

アメリカ・ネバダ州立大学で新型コロナウイルスを研究するMark Pandori氏は、海外メディアにこう話す。

 

さらに詳しい調査が必要ですが、再感染の可能性があるということは、新型コロナウイルスの免疫を理解する上でとても重要なことだと思います。

また、1度陽性判定が出て回復した人も、新型コロナウイルスの場合は、引き続き注意することを強く勧めます。ソーシャル・ディスタンシング、マスクの着用、手洗いは大事です。

 

メディアによれば、新型コロナウイルスの再感染と見られるケースは今のところ世界で23例ほどあるそう。多くの場合1度目より2度目の方が症状が軽いが、最近では、持病のない25才のアメリカ人男性が再感染し、1度目より重篤な症状を見せたことがニュースになった。(了)

 

出典元:RCM:COVID-19 patient becomes first in world to die after being reinfected(10/13)

出典元:Yahoo!News:Dutch woman becomes first person to die after being reinfected with coronavirus(10/13)

出典元:Metro:Covid patient ‘becomes first in world to die after being reinfected’(10/13)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top