Switch news

World News Odyssey

Pickup

生涯マックが無料に!コンテストでもらえる黄金の“マックカード”がすごい

生涯マックが無料に!コンテストでもらえる黄金の“マックカード”がすごい
McDonalds

米国マクドナルドが主催するコンテストの当選者に贈られるカードがすごいとして、話題を集めている。

 

マックでの飲食が50年間無料に!

 

今回、米国のマクドナルドがコンテストの当選者に贈るとしているのは、「マックゴールドカード」と呼ばれるもの。

 

このカードの所有者はなんと週に2回、50年間にわたり無料でマクドナルドで飲食することが可能となるという。

 

またその価値は5万2350ドル、日本円にして約580万円ほどにも匹敵するとのことだ。

 

ただしマクドナルドは、当選者を一人のみとしている。

 

McDonald’s

 

尚、当選者は“生涯無料飲食”の権利に加え、純金製で自らの名前が刻まれたスマートフォンケースをも受け取ることができ、週に二度マクドナルドで飲食せずともそれだけで非常に価値のあるものとなっている。

 

コンテストへの参加方法は?

 

コンテストへの参加方法はいたって簡単だ。

 

今回のコンテストの開催目的は、マクドナルド商品のオンライン注文の増加を狙うということ。

 

したがってコンテストに参加する際には、マクドナルドのオンラン注文システムを手順通りに使用しなければならない。

 

手順はこうだ。

 

まずはマクドナルドの専用アプリを開き、注文したいメニューを選択して決済。

 

その後はマクドナルドの店舗まで足を運び、アプリ上で店舗に“チェックイン”。

 

そして注文した商品を受け取るとコンテストに応募したこととなる。

 

McDonald’s

 

また期間中であれば何度でも応募できるので、当選の確立を増やしたいというのであれば、この手順にしたがってオンライン注文システムを複数回利用してみてもよいだろう。

 

コンテストは今月10日より既に開始されており、今月24日(金)までの開催予定となっている。

 

幻とされてきたマックゴールドカード

 

マクドナルドにおける飲食が生涯無料になるというカードの存在は、これまでにもまことしやかに囁かれてきた。

 

今回のコンテストにあたり、マクドナルド側はその詳細についても公表している。

 

これまでにマクドナルドでは、1965年に米国セントルイス市の市長に初の“ゴールドカード”を渡して以来、ごく限られた人物にカードを付与してきたという。

 

その中にはミシガン州の州知事やスウェーデン王などが含まれているという。

 

そのような限られた人だけが手にしてきた特権を一般市民でも得ることが出来るというのは、大きなチャンスだろう。

 

McDonald’s

 

類似の試みはスターバックスでも!

 

一方、このような“生涯無料”の特権を付与するという試みを行うのは、マクドナルドがはじめてではない。

 

米国ではスターバックスも過去に“Starbucks for Life”との名でコンテストを開催している。

 

このコンテストでは5人の当選者を選出。

 

当選者は30年間にわたり、毎日1回スターバックスのドリンクかフードが無料で手に入る権利を手にしたという。

 

ちなみにこの価値は一人の当選者につき5万6575ドル、日本円にして約630万円ほどにも匹敵するものだったとか。

 

今回のコンテストにおいて残念なのは、参加者が13歳以上の米国市民に限られているということ。

 

マクドナルドならではのユニークな試みがなかなか開催されない日本ではあるが、米国にお住まいの方はぜひエントリーされてみてはいかがだろうか。(了)

 

 

出典:USA Today:Eat free at McDonald’s for life with the McGold Card (8/12)

出典:McDonald’s:McDonald’s Giving Away A McGold Card, Granting One Person Free McDonald’s For Life(8/9)

Return Top