Switch news

まるで波の絵のよう!米上空に現れた珍しい形の雲がユニーク

まるで波の絵のよう!米上空に現れた珍しい形の雲がユニーク

子供の絵本などで描かれる波にそっくりな雲が、アメリカ上空に現れ、写真に収められた。

 

地元の住民が撮影

 

この雲が撮影されたのは、ペンシルベニア州西部にある街、「Erie」だ。

 

6月1日に地元に住むAmy Christie Hunterさんによって撮影され、その後フェイスブックに投稿された。

 

すると非常にユニークな形をしているとして、その後さまざまなメディアに取り上げられることに。

 

Very cool clouds rolling over Smith Mountain this evening. They are called Tsunami clouds. I sent the photo to our…

Amy Christie Hunterさんの投稿 2019年6月18日火曜日

風が異なった高度、速さで移動

 

地元放送局KDKAの気象学者であるRay Petelin氏によれば、これらは「ケルビン・ヘルムホルツ雲(ケルビン・ヘルムホルツ不安定性雲)」と呼ばれ、速度のズレ(速度シア)によって引き起こされる非常に珍しいパターンだという。

 

これは大気中の風がさまざまな高度、異なった速度で移動することで引き起こされるそうだ。(密度の差と速度の差のある大気が接している面が不安定になり、このような形状が作られる)

 

また今回のパターンでは、雲の底の部分よりも頂上付近の方が、風が強いため、波が作られているように見えるとか。

 

「ケルビン・ヘルムホルツ雲」は以前にも観察されており、過去にはよりダイナミックな写真も撮影されている。それが下になる。

 

Wikipedia
Wikipedia
Wikipedia
Wikipedia

 

これらの雲のパターンは非常にレアだが、たいてい風の強い日に起きると言われている。(了)

 

 

出典元:CBS Pittsburgh:Rare Wave-Like Clouds Spotted In Erie(6/2)

参考:ウェザーニュース:空にギザギザ!?(2018/5/21)

Return Top