Switch news

世界で最も寒いシベリアの地域にフラミンゴが降り立つ、専門家も困惑

世界で最も寒いシベリアの地域にフラミンゴが降り立つ、専門家も困惑

フラミンゴといえば比較的暖かい地域で暮らしているイメージがあるが、なんとその若鳥がシベリアで見つかった。

 

保護され動物園に送られる予定

 

その若いフラミンゴは11月11日、シベリア北部のサハ共和国に降り立ったという。

 

サハ共和国は、真冬になれば人間の睫毛も凍りつくほどの極寒地域で、「世界で最も寒い場所」といわれている。

 

その後、この若いフラミンゴは保護され、今後はヤクーツクにあるOrto Doydu動物園へ送られる予定だとか。

 

この地域には過去に5回、フラミンゴが飛来してきたのが確認されているが、ここ30年間は目撃されてはいなかったそうだ。

 

Horse breeders find flamingo chick in Northern Siberia

LONG WAY FROM HOME: Horse breeders discovered a flamingo chick starving near a pond in Yakutia, Northern Siberia—one of the coldest places on earth—and delivered it to a local vet.There have only been five known cases of flamingos flying to this area. https://abcn.ws/34OnzBG

ABC Newsさんの投稿 2019年11月11日月曜日

群れから離れたのは嵐が原因?

 

鳥類学者であるEvgeny Shemyakin氏は、このフラミンゴが群れから離れてしまい、他の鳥のように偶然このエリアに舞い降りたと見ている。

 

また同氏によれば、嵐がこの不幸な鳥を誤った方向へ飛行させたのではないかという。その上でShemyakin氏は次のように述べている。

 

「20年前、私たちはこのようなサハ共和国におけるフラミンゴのケースを知ることはありませんでした。今ではネットやソーシャルメディアが、このことを可能にさせてくれたのです。しかし嵐はより頻繁に起き、より強力になっているという事実もあります。このことは今後も、より多くの鳥をこの地に運んでくる可能性を秘めています」

 

実際、ロシア南部のバルナウルにも最近、アフリカへ向かおうとしていたコウノトリ(シュバシコウ)が飛来しており、この鳥の渡りのルートにシベリアは含まれていなかったという。(了)

 

 

出典元:The Siberian Times:Wildlife sat-nav goes awry as White Stork and Flamingo defy nature and fly to Siberia in winter(11/11)

Return Top