Switch news

ダイヤの中に小さなダイヤが!二重構造になった珍しい宝石が発見される

ダイヤの中に小さなダイヤが!二重構造になった珍しい宝石が発見される

ロシアで内部に小さなダイヤを含んだ、非常に珍しいダイヤモンドが発見された。

 

「マトリョーシカ・ダイヤ」と名付ける

 

そのダイヤを発見したのは、ロシアのサハ共和国にある鉱山会社の「ALROSA」だ。

 

彼らは先々週、鉱山を掘り進んでいったところ、非常に珍しい構造をしたダイヤモンドを発見したという。

 

そのダイヤの重さは0.124g、大きさも米粒ほどしかないが、内部に小さなダイヤモンド(0.004g)が入っていたそうだ。

 

このようなダイヤが発見されたのは初めてと考えられており、彼らはこれを「マトリョーシカ・ダイヤ」と名付けたとか。

 

科学者たちは困惑

 

ただ科学者たちは、このような二重構造になったダイヤの発見に、少々困惑しているという。

 

そもそもダイヤは地球のマントルの圧力によって形作られ、完全に凝固するからだ。

 

「ALROSA」では現在、どうしてこのような構造になったのかを調べるため、このダイヤをアメリカ地質研究所へ送ることを検討しているそうだ。

 

一方、National Geographicによれば、このような構造になるのは水の働きかもしれず、凝固する前に内部にあるいくつかの物質が水によって溶解(分解)した可能性があるという。

 

また以前、存在していた塩分を含む液体が流れ出して、小さなダイヤが中に残された可能性も指摘されている。(了)

 

出典元:9NEWS:Unique diamond inside a diamond found in Russia(10/11)

Return Top